FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンガンjoker 2009.06号(その1)

なかなか忙しい日々が続いています。
発売日には買うことができず、そもそも置いてあったのかも怪しいのですが、近くのイオン内の書店にはジョーカーがなく、仕方なく違う本屋に行きましたが、前号とまったく印象が違っていたのですぐに気付かないというありさま。
まあWINGのときからそんな感じでしたが。

前置きはさておき、さっくり感想に行きましょう。

・ひぐらしの鳴く頃に解 祭囃し編
実際のところ、生きたまま脳の手術をするのって昭和54年だとどのくらいの技術だったんだろうなぁと思うのですが。その点を踏まえても、友達のために頭を開いてくれとはそうそうには言えないなと思います。

・まなびや
オンラインの方の「わ!」はやっつけな感じで終焉を迎えましたね。まあそれはさておき。
うーん、キャラが一気に出すぎてまだ収拾がついていないですね。まだ様子見ではありますが、なんというか無理やりキャラを作ったという感じがして、まだ好感が持てるには至ってません、正直。名前もあまりになじみがないものどうかなぁ…。

・妖狐×僕SS
日常生活で触手責めにあうことはまずないと思うのですが、まあ通常じゃない環境だからよくあることなんですね、きっと。というか一反木綿は作画をサボっているとしか思えないほどのゆるさですね。「寂しがり屋の犬が待っているからな」の作画だけで今回は満足してしまえるのですが。

・失楽園
前にWINGで読みきりで載った作品がそのまま連載化です。
作画自体は良いですし、大人気とまではいかないでしょうが、それなりに安定した作品になるんじゃないかなぁと思っています。コハルは確か読みきりのときにも出てたと思いますが(うろおぼえ)。

・プラナス・ガール
基本的になんで連載になっちゃったのか分からないのですが、今回はさほど抵抗なく読めました。無駄な色仕掛けがない分。というか、女装キャラの何がいいのか良く分からんとです。

・黄昏乙女×アムネジア
ひそかに注目していたりするのです。ポジションとしては、WINGで例えるとビハインドマスターくらいかと。ええ、たとえがマニアックですね、すいません。今回はきれいに話がまとまってますし、作画も暗い感じはしますが作風にもあってますから問題ないですね。今後の展開に期待したいです。

・ヤンデレ彼女
というか、ヤンデレの定義がいまいち分かってないのですが。なーんも考えずに気軽に読めるので好きですね。わんぱくでもいいって、僕が小学生くらいだった気がするのですが、レイナさんにツッコミが可能なのかどうか気になります。ああ、ジェネレーションギャップ…。


その2に続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。